2017年11月17日金曜日

ニュースメディア論

こんにちは、おおしまです。

Q.ニュースメディア論 とは

A.ニュースメディア論は2年生からの授業です。ニュース番組について学びます。


今回なぜ、わざわざブログに書こうと思ったか。以下の2つの理由があります。
①来年受講する1年生にこんなのやるよといった紹介の意味で。
②ニュースメディア論の課題が映像創作なので。

今回のニュースメディア論の課題はこんなものでした。
・ニュース番組をネタから考える
・尺は1分
・撮影はスマートフォンを使用すること
・企画、撮影、編集などを4人のグループメンバーで分担。
・制作期間は1週間ちょっと

もちろん来年やるとは限りません。あくまで今回小島はこんな風にやりましたという話。

 I.企画 
とりあえず、番組内容を考えてみます。
全員が集まりやすい学内の撮影で、ネタを探します。
クリスマスツリーや学バスの話題が例年多いそうです。

今年しかできない話題はなんだろう・・・
そこで思いついたのは、「学務課移転」ですね。

 Ⅱ.素材作り 
テロップやOPの映像などの決まり切ったもののテンプレートを作っておきます。
今回Photoshopで作ったものがこんな感じです。
NHKを参考にしました。

番組ロゴも一応、制作。

平行して学務課に取材許可申請もしておきます。
許可申請は以前、intebroでしたことがあり、今回はスムーズに行きました。
(学務課行けば教えてくれます。)

 Ⅲ.OP撮影 
取材に行く前に、できる撮影は終わらせます。
今回班のメンバーから2人に出てもらいました。

この日は、番組のOPを撮りました。
編集した実際の画像は下の画像のような雰囲気です。
スマートフォンの手ブレが気になっていたのですが、スタビライザーで解決しました。

 Ⅳ.インタビュー撮影 
さあ、実際に学務課の担当の方にインタビューを行います。
こちらは画像を載せられませんが、i-Phoneにつけられるマイクで録音しました。
(そのマイクについてはどこかでブログで書きますね)

 Ⅵ.編集 
編集はいつも通りPremiereで行いました。
この頃になるともう〆切まで時間がありません。
ほぼ6時間で編集を終えます。

最後に提出の容量に制限(49mb以下)があるので、何度も出力し直します。
最終的には出力の設定からビットレートを下げました。


 Ⅶ.完成 
なんとか終わりました。
完成作品を載せたいですが、なんとも許可が取れないので。
直接講義内で見せる許可はとっているので、機会があれば発表したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は編集の難しさや、技術の難しさより時間の制限がきつかったですね。
そして他のやることとの兼ね合いも考えないと、配分が大切ということですね。

今回は珍しく、専門演習以外の講義を取り上げてまとめてみました〜。


【こじこじ日々勉強!】

専門演習⑤ 〜再びロケハン〜

こんにちは、おおしまです。

毎度おなじみになってきました、専門演習のお話。
もう専門演習のネタはいいよとか思われても、のんびり書いて行きますよー。

今までの専門演習についてのブログは以下リンクよりどうぞ!
専門演習① 〜試し撮り〜
専門演習② 〜MVの冒頭シーン撮影〜
専門演習③ 〜とりあえず編集〜
専門演習④ 〜さあ、続きを撮ろう〜

では、今回の内容に入りましょう。
再びロケハンに行ってきました。

なぜ、今更ロケハン?
少々前に、未撮影部分の絵コンテを全て書き直しました
そのため、ロケ地も変更、公園を探し歩いてきました。

最終的に「みなみ野の丘公園」にしました。


遊具などもあります。

広い公園で、夕刻には綺麗な景色が見れます。

さあ、見たものと絵コンテを擦り合わせて最終盤の絵コンテを作成しますー。

撮影もいよいよ大詰めになってきました。


【こじこじ日々勉強!】

2017年11月15日水曜日

狙った恋の落とし方

こんにちは、大島です。

「非誠勿擾」を見ました。また、中国の映画です。
日本語だと「狙った恋の落とし方」ですね。


実は前期にも中国の映画「初恋のきた道」を見ています。
その時のブログは右のリンクから→初恋のきた道

さあ、「狙った恋の落とし方」について。
監督は馮小剛(フォン・シャオガン)さんです。本作品では脚本も手がけています。
「女帝」「イノセントワールド天下無賊」等々のエンターテイメント作品を多く手がけ、中国で観客動員数の記録を持っている監督だそうです。
作中では前半は中国国内で撮影が行われ、途中から日本での撮影だったそうです。
日本では北海道を舞台にし、スケールの大きな自然を背景に物語が展開しています。
2009年正月映画として香港・中国本土で上映されました。

 あらすじ 
 主人公はそろそろ身を固めようと“結婚相手募集”の広告を出してみる。
「ハンサムでリッチな男を求めるなら応募は無駄。高学歴、上海女、企業家もお断り。こちらの希望としては、外見はトレンディー系、内面はコンサバ系、心身共に健やかで、若干しとやかなタイプならなお良い。あまり気を回しすぎる性格は困りもの。当方の性格はオープンで、気が小さいので大悪人にはなれず、社会的には有益無害。興味のある方は連絡を。『冷やかし お断り』」と募集をかけた。
  
 そんな広告を見てはじめに応募してきた花嫁候補は、主人公のかつての同僚で密かに想いを寄せていたという同性愛者(男)だった。彼は同性愛者を否定せずとも、結婚はできないと言い、次の花嫁候補と会うことにした。

 次の相手は墓地販売のセールスレディであった。親孝行のために墓地を買ったほうがいいとチンに強く勧めるトレンディーな美人。古風な一面もあり理想のタイプと思ったのだが、彼女がセールスレディ。あきらめるほかなかった。
 
  次々にお見合相手がみつかる。次の場所である古めかしい迷宮のようなカフェで待っていたのは、目の醒めるような美人スチュワーデスの笑笑(シャオシャオ)であった。妻子ある男との不倫関係に悩んでいるシャオシャオは、気晴らしのつもりでチンとの見合いに応じてきたのだった。

 主人公は失望しながらもシャオシャオを邪険にはできず彼女の悩みを聞いてやりながら、チンもまた秘められた過去の苦しみを告白する。 主人公は杭州出身の母親のために住宅の物件見学をしようと思い立ち、ついでに見合いもしてこようと杭州に出向く。杭州行きの飛行機のビジネスクラスに乗り込むと思いがけずシャオシャオが乗務するフライトで、しかも偶然シャオシャオの不倫相手も妻同伴で乗っていた。感情の火花が散るフライトで、シャオシャオはすっかり気分が落ち込み杭州で休暇を取った。

 シャオシャオは主人公に結婚を前提にした付き合いをしたいと言う。ただし、「結婚しても、心は愛する男のところへ行くのを許してほしい」という条件つきで。そして、心の整理をつけるために彼女の恋愛が始まった北海道へ一緒に行ってほしいと申し出る。

 北海道では、過去の彼氏との思い出にシャオシャオが時折、不穏な表情を見せながらも、主人公との旅行を楽しむ。
夕暮れの風を受けながら並んで柵に腰掛ける主人公とシャオシャオ。「今夜わたしはあなたのものよ。」と言うシャオシャオ。「今夜だけならいらない。君を愛してるから大事にしたいんだ」と答える。 

  明け方シャオシャオは置き手紙をしていなくなった。 手紙には「偽りのないあなたの心と汚れのない北海道の景色が人生の喜びを取り戻させてくれることを願っていた。でも過去の愛にボロボロになったわたしは、もがけばもがくほど思い出に引きちぎられる。・・・・・もっと早くあなたに出会えたらよかった。・・・・・探さないで下さい。」と書いてあった。

 必死の捜索の末、シャオシャオの行方が判明した。置き手紙をしたあとシャオシャオは岬の崖の上から飛び降りたのだった。幸い命はとりとめたものの車椅子の生活を余儀なくされたシャオシャオと結婚することにする。 シャオシャオと共に中国へ帰国する。 道中、船内を散歩しながらシャオシャオは過去の恋人への言葉を留守電に残し、自分の想いとともに携帯電話を放り投げ捨てた。


 感想 
 冒頭では、日常にある会話の中に、少し笑ってしまうようなユーモアのある駆け引きから始まります。その後、同性愛についてのシーンがあります。映画などで扱う場合、扱い方が難しいと思いますが、この映画では配慮が見られました。同性愛者=1歩進んだ存在、として同性愛者でない主人公は、自身のことを「男を受け入れる余裕がない」と反省する場面でした。ここのシーンでは中国での同性愛者に関する考え方が少々盛り込まれているのかもしれません。

 主人公である中年男性が結婚相手を探していく物語のため、映画の前半部分はは主人公と1人の女性の対話で物語が進んでいきます。主人公は冒頭から30分ほど、お節を被っていたが、数人目の女性と話している途中で、帽子をとりました。その後、過去の秘密にしていた話をしたことから、帽子は主人公の心理状態を表していて、基本的に最初の数人には心を開いていなかったと考えられますね。

 その後も、民族意識が高い女性やメモを取らないと何を話していたかわからない上人の顔も覚えられない女性、夫を亡くしてしまった女性など、比較的個性の強い登場人物が多い印象でした。これは、2つの理由があるのかなと考えました。1つ目は、そもそもそのような個性の強い登場人物でないと印象が弱いことだと考えられます。2つ目は、中国で結婚広告を見て、実際に会いに来るような人はそのような何かしら問題を抱えているひとが多いのかもしれないということですね。中国の婚活事情を表している作品だと思いました。
 
 また、映画内での「恋愛」の表現も面白いと感じました。
「一目惚れは1目見て惚れるものではなく、匂いでするもの。」
運命的な出会いで感じられる匂いは一瞬でわかるらしいです。面白い捉え方ですね。

 この映画で出て来るロケ地も状況を合わせたもので良いと思いました。冒頭では様々な女性と会うシーンが短時間で描かれ、忙しいイメージということで都会での撮影が多かったです。しかし物語が進み、落ち着くと田舎の風景に多くなりました。

 さらにこの映画の面白いところは、人間臭さが現れているところです。結婚相手を同時に数人約束し、選別するなどとても人間臭さが現れていると思います。探されている女性側もまた、男性たちを何人も同時に見比べていて、人間の醜さをユーモアを少し交えて、表現している映画だと感じました。また、映画の後半での舞台は北海道に移っており、中国の人が日本に来るきっかけになる映画でもあったそうです。


________________________________________

いや〜久しぶりに長文書きましたね。
さすがに疲れたので、今回はこの辺で失礼します!


【こじこじ日々勉強!】

2017年11月10日金曜日

影。カゲ。かげ。

こんにちは、おおしまです。

先週、授業前の時間が少々空きました。
そこで片柳研究所棟10階に久しぶりに行って来ました。

丁度、夕日が綺麗な時間でした。
ただ、夕日よりも綺麗だったのは、壁にうつったです。
スマートフォンで撮影しました。
せっかくなので色をいじりました。

影を使うのも面白いかもしれませんね。

影の演出を使っているミュージックビデオを探してみました。


ありました。FTISLANDの新曲「Shadows」です。

いくつか気になったクリップをピックアップしていきますね。

まず一つ目。
難しい撮り方とか何もいらない。
無機質だからこそ、1本の光筋に目がいきます。

 二つ目。
逆光です。
ある知り合いの写真家の方は、逆光が作品のほぼを占めると言っていました。
逆光こそ撮りがいのあるものだそうです。
たしかに身体は浮き出ますし、影を手前に見せることができる少ない手法ですね。

最後、三つ目。
この演出はパッとみて自分が気に入ったものです。
身長は伸ばすことはできませんが、影の大きさは自由自在。
曲に合わせて、影の大きさ変えるとか面白いかもしれません。

これ今度撮ってみましょう。


さて久々に日常系を書いてみましたが、影一つでMVに役立つ勉強になりましたね。
日記かよと突っ込まないで、あたたかい目で見てくださると幸いです。


ー参考ー
 ・音楽ナタリー FTISLAND 影がテーマの新MVを公開
 (http://natalie.mu/music/news/225195


 【こじこじ日々勉強!】

専門演習④ 〜さあ、続きを撮ろう〜

こんにちは、おおしまです。

今回も映像デザインのお話。①〜③は下記リンクからどうぞ!
専門演習① 〜試し撮り〜
専門演習② 〜MVの冒頭シーン撮影〜
専門演習③ 〜とりあえず編集〜

今日は朝から専門演習「映像デザイン」の講義がありました。
講義といっても受けるだけではなく意見を交換する場でもあります。

一先ず状況を整理しますと、
モノクロのMVを制作していて、途中までは編集済みです。

さあ、続きを制作していきます。
先日、八王子みなみ野駅周辺で、新たに撮影をして来ました。


今回もカメラマンは佐藤くんに依頼しています。
大島は、基本的な構図を伝え、構えてもらい、細かい画の指示をしています。


出演者も引き続き木賊さんに来ていただきました。
桑原くんは今日は都合が合わず・・・木賊さんの撮影のみ行います。


このカットは歌詞を工夫して出そうかなと思ってるところです。
前半の虫眼鏡を超えるインパクトのある表現を考えています。
(何個か思いつきましたが、適してる言えないものが多いです。)

撮影を続けながら、絵コンテをどんどん更新していこうと思います。

【こじこじ日々勉強!】

2017年11月2日木曜日

専門演習③ 〜とりあえず編集〜

こんにちは、おおしまです。

今回は専門演習「映像デザイン」のお話。

前に2度ほど、ブログも書きましたね。
専門演習①〜試し撮り〜
専門演習②〜MV冒頭シーン撮影〜

さあ、試し撮りと冒頭シーンの撮影をしたら編集ですね。
実はもうとっくに提出も済ましているのですが、書いていきましょう。

編集はAdobe Premiere Pro 2015.3を使用しました。
他にも、After EffectsやPhotoshopも交えて編集しています。

タイムラインはこんな感じです。

絵コンテ通りに組み合わせるだけの作業はさほど時間がかかりません。

時間がかかったのは、OPと色調補正ですかね。
今回のOPは曲名を出しながら男女交互に出てきます。

こんな感じです。

実はこのシーンはクロップしていて、camデータにはおおしまが写ってます。
このように、雰囲気もだいぶ違うものですね。

また、MV中に歌詞を出す演出も苦労しました。
この手に写ってるかのような「それが」ですが、
よ〜くみると手の立体に合わせて屈折させています。

エフェクトを複数使用して合わせました。
この映像は1秒くらいの短い時間ですが、ここはこだわるべきとこだと判断しました。

最後は編集していてきれいだなって思ったので、虫眼鏡を載せます。
↑虫眼鏡にフォーカスがあっている
↓虫眼鏡のレンズに写る演者にフォーカスをあわせている

意外と綺麗に撮れるもんです。
実験はしてなかったので、うまくいって良かったです。

おそらく光の屈折の影響でしょうか、人間が反転するのも面白いと思います。

以上、MVの編集リポートでした。

【こじこじ日々勉強!】

大学にあるボウリング場

こんにちは、おおしまです。

おおしまは体育で、【コーフボール】を選択してます。
JKA 日本コーフボール協会 公式サイト


こんな感じで黄色いのがゴールです。
360°どこからでもシュートが打てます。

競技人口は100人ほどらしいです。

やってみると楽しいものです。おすすめです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また、先日は全く関係ないですが体育でボウリングも行われました。
大学にある「美ら海ボウル」です。



大学に入学してから初めてボウリングしました。
みなさんも、美ら海ボウルで学内ボウリングしてみては?

最後は美ら海ボウルの回し者みたいになりましたが、
今回は気の抜いた投稿でした〜。

ー参考ー
 ・JKA 日本コーフボール協会 公式サイト (http://korfball.jp/

【こじこじ日々勉強!】